TOPICS

勝山情報 新着記事

1件〜50件

  • 早朝の月例坐禅会に参加「道元禅師様大宇宙観」。

    「月例坐禅会」は、早朝6時スタート、とほほ・・。今月になると暗いうちに自宅を出ることになりました、スタートの6時はまだ明けきらなく薄暗い。老師のお撞きになる6時の梵鐘の音、町は静寂、良く伝わってきます。この時間、参禅者は全員着座。蜀灯を残してすべて消灯、禅堂は静かで薄暗い。「坐禅」の雰囲気一段と濃い季節。「検単」直ぐに小鐘3つ、そして老師のお話が始まった。人は油断をすると、体から精気が抜けるものです。抜けないよう常に「天地陰陽」、この体を通して宇宙を表現する、具体的には、天の空気を吸い込み下腹部近くに組んだ「法界定印」の手の平の上に吸い込んだ空気を集める、そのとき下腹部を前に押し出すような構え、同時に背筋を伸ばし背骨をぴんと「天地陰陽」、「入気丹田」(天地の空気を丹田にあつめる)天と地の空気が交わり「天地開合」...早朝の月例坐禅会に参加「道元禅師様大宇宙観」。

    tarpin

    tarpin翁のスローライフ

    読者になる
  • 東山にも赤マーク。

    管理棟の前の平たいアスファルトり上に流れが出来る。急いでヤフーの雨雲の様子を見てみると、東山いこいの森付近が赤色に塗りつぶされているピンポイントのゲリラ雨。15分程でやや多めの雨に戻った。19号で被災された地域では、この赤色が数時間以上続いたのかと思うと。恐ろしいというほかない。東山いこいの森じたい地滑り地帯に指定されていて、東山いこいの森の施設内には直径5メートル、深さ30メートル余りの水抜き井戸が掘られている。施設内での地表の土砂崩れは殆んど無いが、油断大敵。最近は何がおこるかわかったもんじゃない。谷のケヤキは茶色くなった。イチョウは黄緑色になって来た。ホウの葉が段々色付き、葉っぱが大きく重たいので風が吹くと落ちやすい。これから何日もつか注意してみたい。東山にも赤マーク。

    東山いこいの森の仙人

    東山いこいの森の仙人

    読者になる
  • 「トリカブト」は栽培しても良い花、ただし猛毒。

    「トリカブトの栽培」は難しい花のようですが、「今年も開花したよ」と、お送りくださった、坐禅会仲間のH氏、これは皆様にも見ていただきたくUPさせてもらいます。「美しい花には毒が有る」と言う理が有りますね。トリカブトも、猛毒がある植物だとはいえ、不思議で美しい姿ですね。キンポウゲ科トリカブト属日本三大有毒植物の1つです(ドクゼリとドクウツギに並ぶ)。日本には約30種が自生している、「全花に毒」、特に根は注意。毒を持っていることで有名なトリカブト。花名の由来は、花が古来の衣装である「鳥兜・烏帽子」に似ているからまたは、、「鶏の鶏冠(とさか)に似ているからとも言われる、湿気の多い場所を好む。苗は市販されていて、育てること自体も問題は無い花です。不思議な美しさと花の色、魅力的です。毒のある花は、ヒガンバナやエンゼルトラン...「トリカブト」は栽培しても良い花、ただし猛毒。

    tarpin

    tarpin翁のスローライフ

    読者になる
  • 「福井県老人大会」に参加、800名。

    年一度の県下市町持ち回りの「46回全県老人大会」。今年は、福井市文化会館、なんと800名もの参加で賑やか。勝山からはバス仕立てで30名参加。懐かしい緞帳。「伸ばそう・健康寿命・担おう地域づくり」がテーマー、功労者表彰などいつもの儀式の後のアトラクション、そして講演会。講演会のテーマーは「地域包括ケア時代の健康づくり」講師は、明大付属病院老人内科の大西丈二先生。「老人内科」等あること、はしめて知りましたが、今は大学病院4カ所のみ、理由はいずこの病院もすべて「高齢者が多く、老人等つけなくても患者はみんな年寄り」とは・・・。内容は良かった。ジエントロジー(老年学)・フレイル(衰弱で寝たきり前)等、新用語とその活動実態。使わない器官の萎縮防止が大事、特に「ふくらはぎ」は第2の心臓として大切。又、75歳以上になるとメタボ...「福井県老人大会」に参加、800名。

    tarpin

    tarpin翁のスローライフ

    読者になる
  • 朝は暖かかったが気温上がらず。霧の写真うまく撮れず。

    朝は14.5度と暖かかった。穏やかな天気になるかと思っていたが、テントをたたんで、少し干す間はあったのですが。この記念写真を撮る時には雨がしとしと降っていました。傘もささずにゴメンナサイ。台風19号の時日除けが飛んで行きそうになったので補強しておいたのを外す。そろそろ片付けられるところから片付けて行かなければと思う時期になって来ました。谷の西山。杉の頭だけが霧の上に出ているのは珍しい。もう少し望遠レンズで撮るべきでした。自分の目ではもっときれいに見えていたのに、これでは、写真を見た人には伝わらない、この次は何時現れるか分からないがしっかり撮ろうと思っています。朝は暖かかったが気温上がらず。霧の写真うまく撮れず。

    東山いこいの森の仙人

    東山いこいの森の仙人

    読者になる
  • クルミの次はクリ運び。

    1300メーター付近は紅葉進んでいる感じです。みつさんの家の前のイチョウは未だ色づいていません。こんな所に栗の木は有りません。リス君が運んでいてイガが痛くて放したのでしょうか。未だ実が入っています。このまま置いておきます。人間がいないのに夜中にトイレの電気が時々点きます。ネズミやコウモリにも反応して点くのでしょうが、誰もいないのに突然灯りが点くのを見るのは気持ちのいいものではありません。夏なら涼しく感じられるかも知れませんが、これからはご遠慮願いたいものです。テント泊の人が来られました。5時を過ぎると暗くなるので、5時までにテント設営が終わる時間に来て頂くといいと思います。明日も午前中までは持ちそうなので、大丈夫でしょう。取立山も頂上付近は紅葉が見ごろになっていると思います。天気を見計らって登山を楽しんで下さい...クルミの次はクリ運び。

    東山いこいの森の仙人

    東山いこいの森の仙人

    読者になる

「地域生活(街) 中部ブログ」 カテゴリー一覧