chevron_left

「地域生活(街) 中部」カテゴリーを選択しなおす

cancel

魚沼市情報ブログ村 トップ

help

続きを見る

続きを見る

  • 連載286「F1とハイブリッドと」(その1)

    種は命でもある。毎年大量に買い続けたが最近は減らしている。一つの考え方から、F1は極力減らしたいとは思っているが・・・。「F1」と「ハイブリッド」と(その1)「F1」と「ハイブリッド」と言えば、自動車・自動車レースの話のようですが、これは、野菜の種のお話です。野菜の種は「固定種」とか、「伝統種」とかと呼ばれる、古くから作り続けられて改良を施されていない野菜の種もある。自分で種を採る「自家採種」が可能で、地方によっていろいろな伝統種が作り続けられている。世間に広く知られているものとしては、京野菜などが有名。魚沼、この辺りでの伝統種は何があるのでしょうか。あまり、自分で種を取っているという話は聞きませんが、ブランド化しているナスとか、大崎菜などはもちろん自家採種なのでしょう。長岡野菜と言われていますが、あちら...連載286「F1とハイブリッドと」(その1)

  • 高い跨線橋の除雪作業

    駅前広場、駐車場がにぎやかになったと思ったら作業員が集合。全員では30名を超えるかと思われる大部隊。全員が上がったら潰れちゃうぞ。昨シーズンまでは、上り側から一方向に上がるしかなかった。ところが、昨年の雪降り前に下り側も登るための固定式梯子が取り付けられました。安全対策に、転落防止用腰綱が付けられています。その綱、ロープは跨線橋の屋根に取り付けられた、固定金具に繋げるようになっている。でも、今回使われている安全帯、ロープでは不完全。ハーネス式でないと、落ちた場合に腹部を締め付けられて内蔵損傷でしょう。作業責任者に「落とした雪を小型ロータリーで飛ばそうか」と申し出た。すると、「大丈夫です。人間は大勢いますから」と断られてしまいました。なお、人数が滅茶苦茶多いのは、午後の作業、越後堀之内駅の跨線橋が大きいため...高い跨線橋の除雪作業

  • 美術館の写真展へ

    休日で出かけることにしました。出かけた先は浦佐の美術館。池田記念美術館と言い、ベースボールマガジン創刊者の名前を冠した美術館です。コンクリート柱をご覧ください。雪国以外では見られないでしょう。雪国の建物の下は危ない。屋根からせり出した雪が落下し、ケガをしたり、車をつぶしたり。こんな名前の写真展です。地元魚沼以外、関東地域の方の出品もありました。地元の名前の知られた写真家が主でしたが。写真展を見て、写真心をくすぐられて帰り際にシャッターを切る。美術館裏の池にはカモが羽を休めていましたが、じっと動かず石のようです。桜の木の枝でしょうか。満開の桜のようでもあります。この日の見学者は、スベルベ夫婦の外は一組のみ。のんびりとした田舎の美術館です。帰りは、生パスタが美味しいという店で昼食。顔見知りの女性が働いているこ...美術館の写真展へ

続きを見る

「地域生活(街) 中部ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)