TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

魚沼情報 トップ TOP

help

続きを見る

  • 1位

    新聞掲載「ラッセル乗務」(その2終わり)

    (何回もアップした一枚。国鉄時代全社で3台しか作られなかったDD53の前で。茶色のヤッケ姿がスベルベです。20歳代で、このモンスターマシンの作業責任者をしていました。)ラッセル乗務(その2終わり)何日もそんな状態が続くと、乗務員の疲労も限界になって来る。極度の緊張の連続から神経が疲れ果て、寝ようにも眠れ無いようになるのだ。夜の吹雪で視界ゼロのDD15も泣きたくなる。ロータリーも、DD14で1500馬力。DD53になると2500馬力という途方も無い怪物で、仕事の能力も抜群だが、使い方を誤れば大事故になる危険をはらむ。緊張の連続である。久し振りに帰宅し、玄関に入ったとたん安心感から涙が流れ出し、虚脱感でしばらく靴さえ脱げず立ち尽くすようなことさえ有った。大きな事故を起こさずに、除雪車に乗り続けられた事に自信と共に、...新聞掲載「ラッセル乗務」(その2終わり)

    スベルべ

    畑に吹く風

    読者になる
  • 2位

    満開、清楚な山桜

    友人が朝早くから山の畑に手伝いに来てくれた朝。忘れ物を取りに帰り、ふと路傍に目をやるとと山桜の群生。普通、ところどころに咲いて清楚なたたずまいの山桜。これだけまとまって咲くと、清楚は通り越しかなり目立ちます。しばし軽トラを停めて一人楽しむ。そう言えば高校を卒業し、4月1日付で就職した年、この山の山桜で花見をしたっけなー。こんな風に、雑木に交じってポツンとあるのが普通ですね。先日の、地震で崩れた尾根での群生とか、何かの条件下では群生することもあるようです。さて、普通は雪消えと共に、ともすると雪を割ってさえ開くカタクリの花。今年は枯草の間から、なんだか恥ずかしそうにも見えて可哀そうでもあります。満開、清楚な山桜

    スベルべ

    畑に吹く風

    読者になる

続きを見る

  • FC岐阜

    FC岐阜

    岐阜県にホームを置くプロサッカークラブ「FC岐阜」の話題なら何でもOK!

    テーマ投稿数 79件

    参加メンバー 9人

  • 子育てパパ・ママ(愛知・岐阜・三重在住)

    子育てパパ・ママ(愛知・岐阜・三重在住)

    愛知県・三重県・岐阜県で暮らしてるパパ。ママ〜O(≧∇≦)o 東海圏でお勧めのスポット(子供と遊べる。夫婦にお勧め。生活に役立つ。etc...)紹介しませんか! みんなで素敵な場所共有しましょう♪

    テーマ投稿数 283件

    参加メンバー 64人

  • 飛騨高山

    飛騨高山

    飛騨高山に関することなんでもお待ちしてます(*^▽^*) 飛騨高山での生活情報・スイーツ・グルメ情報・イベント情報・お勧めの観光スポット・飛騨高山での旅行・観光の思い出などなど。。。 飛騨高山に住んでるブロガーさんもそうでない方も飛騨高山の情報を共有しましょう♪ お気軽にトラックバックやコメントしてください☆

    テーマ投稿数 286件

    参加メンバー 27人

  • 愛知県稲沢市

    愛知県稲沢市

    国府宮はだか祭りや祖父江の銀杏で有名な愛知県は稲沢市。一見地味なこの街ですが、暮らしているのはHOTなひとたちばかり。どんどん稲沢市を盛り上げていきましょ〜!

    テーマ投稿数 19件

    参加メンバー 11人

  • 4-sails(フォー・セイルズ)

    4-sails(フォー・セイルズ)

    2012年4月に結成された、三重県四日市市の観光,物産をPRする、 四日市ご当地ユニットです。 オリジナル曲 「土鍋deごはん」 「私だけの工場夜景クルーズ」 「ナツコイ大作戦」 「Favorite of 4-sails」 「ミルクロード」 「北伊勢いいね!」 「こにゅうどうくんが行く」

    テーマ投稿数 48件

    参加メンバー 1人

  • 関

    岐阜県の中央部に位置する。平成17年の合併によりV字型の市域になった。なおその合併により現在日本の人口重心地は関市内(旧武儀町域内)に位置している。総面積のうち旧関市域は約6割、旧武芸川町域は約3割が可住地だが、その他の地域の可住地面積の割合は1割にも満たない。合併前の旧関市域は濃尾平野の北端に位置し、岐阜市や各務原市といった周辺市町村との交流も深い。一方で旧板取村は福井県に隣接し、旧上之保村は飛騨地方と隣接するなど現在の市域はいびつな形状であり、かつ広大なものとなっている。

    テーマ投稿数 15件

    参加メンバー 10人

  • 掛川市近隣の方、縁の方集まれ!

    掛川市近隣の方、縁の方集まれ!

    静岡県掛川市の近隣の方、またゆかりがある方、情報交換しませんか。 掛川市のトラコミュがないので、作っちゃいました。 この地域のことならなんでも!

    テーマ投稿数 50件

    参加メンバー 3人

  • 勝山

    勝山

    勝山市は、福井県の北東部に位置し、恐竜の化石が多数出土することで有名な市である。特別豪雪地帯で冬は雪が多い。大師山清大寺(越前大仏) 勝山城博物館 福井県立恐竜博物館 スキージャム勝山 雁が原スキー場 平泉寺白山神社(かおり風景100選) 中宮平泉寺参道(日本の道100選) 左義長(2月最終土日) 顕如講(8月23日) 勝山城 (越前国) 弁天桜 六呂師高原 勝山年の市

    テーマ投稿数 26件

    参加メンバー 5人

  • 富山県の情報

    富山県の情報

    富山県におけるイヴェントや街角情報、ニュースなどなんでもご自由にお寄せください。

    テーマ投稿数 616件

    参加メンバー 61人

  • 遠州

    遠州

    遠州(遠江)について 浜松市、磐田市、袋井市、掛川市、菊川市、御前崎市、牧之原市、島田市

    テーマ投稿数 1,292件

    参加メンバー 42人

続きを見る

  • 角田山のカタクリフィールド

    こんにちは今日は、角田山のカタクリフィールドをお届けいたします。角田山灯台コース手前のややきつめ登山口からカタクリフィールドを周り頂上から灯台コースを下山しながら白いカタクリ、スミレ、カタクリフィールド、雪割草、トキワイカリソウ、夏エビネ、オドリコソウなど堪能いたしました。コロナ騒ぎの心を癒そうと平日にもかかわらず大勢の老若男女が、福島のオジサンもおりました。YAMAPお仲間さんもいらっしゃいました。https://yamap.com/activities/5982881角田山のカタクリフィールド

    うおぬま進学塾 うおぬま進学塾
    読者になる
  • 孫の初登山(その2終わり)

    出会いの鐘付近から見た「広瀬谷」。奥の雪に覆われた山は「守門岳」、手前の下権現堂の雪は消え、上権現堂には少し残っていました。我が家の山の畑が左側後方に見えます。我が家そのものは、尾根に隠れて見えませんね。先回訪れたのは何日前だったかな。今回は手前に緑色に芽吹いた、ブナの若木が見えます。春は確実に進んでいるようです。孫の歩幅は小さくて、下りは危険。用意の背負いひもを使っておんぶして下ります。「ねんねするなよ」なんて言いながら。孫も疲れたのか、時々首がガクンとなるのが感じられます。「落ちたかな」なんて声を出すとオウム返しに「落ちたかな」なんて、まだ熟睡じゃないようです。こんな風におんぶすると最近は「ジーちゃんぼうし、ぼうし」なんて言う。そして、帽子を引っ張って「ぴかぴかー」なんて冷やかす。その理由は後日(笑)。(終...孫の初登山(その2終わり)

    スベルべ 畑に吹く風
    読者になる
  • 新聞掲載「ラッセル乗務」(その2終わり)

    (何回もアップした一枚。国鉄時代全社で3台しか作られなかったDD53の前で。茶色のヤッケ姿がスベルベです。20歳代で、このモンスターマシンの作業責任者をしていました。)ラッセル乗務(その2終わり)何日もそんな状態が続くと、乗務員の疲労も限界になって来る。極度の緊張の連続から神経が疲れ果て、寝ようにも眠れ無いようになるのだ。夜の吹雪で視界ゼロのDD15も泣きたくなる。ロータリーも、DD14で1500馬力。DD53になると2500馬力という途方も無い怪物で、仕事の能力も抜群だが、使い方を誤れば大事故になる危険をはらむ。緊張の連続である。久し振りに帰宅し、玄関に入ったとたん安心感から涙が流れ出し、虚脱感でしばらく靴さえ脱げず立ち尽くすようなことさえ有った。大きな事故を起こさずに、除雪車に乗り続けられた事に自信と共に、...新聞掲載「ラッセル乗務」(その2終わり)

    スベルべ 畑に吹く風
    読者になる
  • 孫の初登山(その1)

    昨日は晴れて仕事の気も急くけれど、花を見たいという要望に応えて同行。なにしろ子守を兼ねているから、スベルベばぁさんだけで連れて行くのは危険だと思って。何かというと「ジーちゃん、ジーちゃん、」と頼ってくれるというか甘えてくれるというか。ジーさんの小指がつかまりやすいサイズらしくて、しっかりと握って離しません。急坂の階段は幅が狭いため、体に手を添えて手伝う。でも、一歩一歩、一段一段をしっかりと足を上げて登ります。ここまでの行程の半分以上は確実に自分の足で登りました。最後の急登だけはスベルベじーさんが手でおんぶして登りましたが。「出会いの鐘」と呼ばれる2コースの合流点に到着。この日はここまでと最初から決めていましたから、無事に目的達成です。水でのどを潤して鐘を鳴らします。この鐘が気に入ったようで何回もせがんで、その都...孫の初登山(その1)

    スベルべ 畑に吹く風
    読者になる

続きを見る

「地域生活(街) 中部ブログ」 カテゴリー一覧