TOPICS

魚沼情報 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    TABIBA&RCAFE(その3)

    スベルべママが二階のテーブルから食べ物をとりわけて持ってきてくれました。地元新潟にこだわった食材が多いですね。お握りも新潟進出の際に付き合いが始まった農家からの仕入れの米から。もう一つの皿です。ニンジンなど我が家の畑の香りだったなー。順序、時間の流れは違いますが、到着直後に撮った一枚。もちろん帽子で頭の薄さをカバーしているのがスベルべで中央は鈴木将オーナー。左はこの日の進行役です。フリードリンクと言う事で、冷蔵庫を自分で開けて地ビールを取り出して先ずは一杯。次いで、わがままを言って皆さまよりも先に、この日本酒を抜いて頂きティースティング。イベント開催の定刻を過ぎたところで鈴木将オーナーによる挨拶と乾杯。この辺りからオープンセレモニーは一気に盛り上がり、賑やかになっていきます。(続く)TABIBA&RCAFE(その3)

    スベルべ

    畑に吹く風

    読者になる
  • 2位

    TABIBA&RCAFE(その2)

    二階席のテーブルには出来上がったご馳走の数々が並んでいました。おや、スベルべの野菜も結構数多く使われていますよ。これから我が家野菜の比率が上がることになりますよ。さつま芋も、シルクスイートとパープルスイートロードが使われています。使われているというか、この食べ物、ケーキの主役はサツマイモと言う事ですね。信濃川の近くですから魚は鮭が欠かせませんね。おや、その向こうの一品は肉のようですが・・・・。遠目で見て、あ、あるななんて思った一品。懇意にしていただいている「津南ポーク」さんの登場でした。うーん、やはりね。我が家野菜の生野菜サラダ。「リアスからし菜」に「赤リアスからし菜」「ワサビ菜」・・・。秋野菜の使用パーセンテージはまだまだ我が家野菜の比率が上がっていきますよ。(続く)TABIBA&RCAFE(その2)

    スベルべ

    畑に吹く風

    読者になる

「地域生活(街) 中部ブログ」 カテゴリー一覧