TOPICS

魚沼情報 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    「活性生」にごり酒?

    娘婿が出かけ先から珍しいお酒をお土産に持ち帰りました。前日に説明書を見かけたけれども紛失。なんでも開栓の仕方とか大事なことが記されていたらしい。でも、キャップを止めるように付いていた巻紙で開け方が解明。下部に「おり」が沈んでいて瓶をゆすって混ぜようとして娘夫婦に止められました。開け方、開栓方法によっては一気に中身が噴出し無くなってしまうことさえあるのだとか。キャップを慎重に少しだけひねると、下から気泡が沸き上がり「おり」が自然に混ざるではありませんか。にごり酒に似合う酒器さえあるのが我が家。この大きな利き猪口がぴったりです。我が家の大人四人は全員がお酒は大好き。結構味にうるさいスベルベママが一言「これはおいしい、甘くない!」にごり酒に、甘口辛口の表示は見たことがないけれど、普通は甘い。でも、これは甘さが感じられ...「活性生」にごり酒?

    スベルべ

    畑に吹く風

    読者になる
  • 2位

    儲け物のようなゴボウ

    最初のニンジン蒔きと同時くらいに蒔いたゴボウでしたが、多忙すぎてそのまま放置状態。草取りもせず、今年のゴボウの収穫はほぼあきらめていたのでしたが、秋になって葉が広がり始めました。掘ってみると望外の太さ。山の畑のゴボウの特徴は先端が粘土質のローム層に食い込み、そこまでは掘れず先が折れてしまうこと。スコップで掘った穴を見ると黄色のローム層が見えています。山の畑の特徴で、石一つない黒ぼく土と呼ばれる土の厚さは30~40センチしかないのです。この土は昔から1年に0.1mmずつ作られてきたのだと言います。つまり、3~4000年かかって作られた貴重な土で、耕作に適しているのです。全部は掘らず少し残しましたが、それでも自家用としては十分な量。一部は土付きのまま保存することにして、空いた肥料袋に詰めました。持ち帰り、農天市場で...儲け物のようなゴボウ

    スベルべ

    畑に吹く風

    読者になる

「地域生活(街) 中部ブログ」 カテゴリー一覧