総合人気ランキング(INポイント順)

?

注目記事

?
  • 1位

    今朝の当地「氷漬け」、このモザイク。

    マイナス5℃、「今冬一番の冷え込み」でした、幸い降雪は無く滑って転倒しないよう注意がいる朝です。こういうの「氷漬け」と言うのでしょう、路面・庭・バケツ水等しっかりの氷模様。霜柱そして自然の素晴らしさ。ガレージ窓ガラスにこんなモザイク模様。きれい。今朝の当地「氷漬け」、このモザイク。

    tarpin

    tarpin翁のスローライフ

  • 2位

    滋賀県甲賀市へ「お見舞い」ドライブ。

    この時期にしては珍しく、積雪も無く、妻と車で水口へ。3連休となり、大型バスの団体客も多く、高速道路も混みあっています、ことに、道中の往復路(往路、北陸高速道、復路は一般道、北琵琶湖ざなみ街道等)神社や観光地などの周辺はその人出、未だ新年の「初詣で」等か。私は、母のご機嫌伺いと、弟のお見舞い等所要での外出でしたが、天候も良く、用済みの後は、久々のドライブ。いつもの慣れたコースであり立ち寄りも限定されている。奥琵琶湖の「水鳥スティション」は、琵琶湖の魚貝、そして、琵琶湖に沈む夕日撮影、今日は「こはくちょう」の飛来とかでカメラマンの鈴なり。彦根城・琵琶湖冠雪の伊吹山長浜市お土産はこんなものでした滋賀県甲賀市へ「お見舞い」ドライブ。

    tarpin

    tarpin翁のスローライフ

  • 3位

    この冬「最深3cm霜柱」と「春待つ蕾」たち。

    幸いただ今のところ降雪の無い当地、それでも寒い、大寒をまじかに控えての気温はこんなものでしょうか。庭の地面は「物凄い霜柱」。深さ3cm、長靴で踏みつけど「ぐさり」と沈み込む。花壇もしかり、余り深く植えこまなかった「チュウリップやグラジオラス等」春咲き球根も縮上がっているのでしょう。一方、例年は根雪の中で気が付かなかったかもしれない「花卉類は新芽を出しはじめただけでなく、花の蕾を膨らませ」ているのにびっくれり、「春待つ蕾たちでしょう」。鉢上紅梅もつぼみ膨らむバケツの厚い氷と隣家の物置小屋は雪のような霜。この冬「最深3cm霜柱」と「春待つ蕾」たち。

    tarpin

    tarpin翁のスローライフ

  • 4位

    福井フェニックスプラザでの成人式。山中温泉越え、小松、戻って小舟渡からの白山。

    フェニックスブラザ駐車場屋上から白山、別山。成人式に集まる人たちを撮ろうと福井フェニックスプラザ駐車場屋上に車を停めて中へ入って見ると、福井市の腕章を付けた職員と警察の人たちでいっぱい、カラーコーンて迷路、未だ始まるまでに2時間あるのにこの体制では写真にならないので屋上に戻ってチラホラ集まり出した新成人の晴れ着姿を撮る。30分も駐車していなかったので料金は無料。天気も良いので、松岡の妹の所へ行ってサバの熟れ寿しをもらって小松の従弟の所へ出かける事にしました。竹人形の里から、山竹田、峠を越えて山中温泉、粟津温泉を通って小松市今江へ。従弟は風邪気味で山には登らず家にいたので、サバを渡して帰途に。今江から柴山潟越しに白山連峰が見えていたのが柴山潟の手前に新幹線の高架が出来てしまったので白山がうまく撮れなくなってしまい...福井フェニックスプラザでの成人式。山中温泉越え、小松、戻って小舟渡からの白山。

    東山いこいの森の仙人

    東山いこいの森の仙人

  • 5位

    足羽山から

    朝6時10分東の空は雲が有りませんでした。今朝の日の出時刻は7時6分ということなので6時50分、足羽山福井歴史博物館跡展望台へ、未だ日の出前雲が出て来て、太陽柱になりかけ、だんだんと雲が下がって来る。白山、別山の方向。7時2分ようやく日の出近くになって雲が出て来てしまう。荒島岳薄っすらと陽が当たる。別の位置からの荒島岳。手前は大和紡跡地に出来た住宅街。右のビルは福井日本赤十字病員院。慰霊碑塔から運動公園9.98スタジアムを望む。谷トンネルの積雪は88センチ。足羽山から

    東山いこいの森の仙人

    東山いこいの森の仙人

続きを見る

新着記事

?
  • 勝山は大きな山々に囲まれた盆地?「近隣山々」。

    「白山遠望」は、よくご報告していますが、ここまではかなりの距離が有り、勝山からは「遠望」。市街を取り巻く山々はみんな近い。ここの処、雪は降りませんが、山々は「当然、雪化粧」です。当地を取り巻く山々の様子の報告です。大野市の百名山「荒島岳(1523m」は、勝山橋からくっきり。真っ白な「法恩寺岳(1356m)」その中腹(1300m)には「スキージャム勝山」石川県境、「大日岳(1319m)」「越前甲」ともそして霊峰「白山御前峰(2702m)500mから800m級も山々も。ちなみに勝山市(市役所)は、「海抜129.4m」。我が家もこの標高で生活しています。勝山は大きな山々に囲まれた盆地?「近隣山々」。

    tarpin tarpin翁のスローライフ
  • 近松門左衛門の故郷鯖江市。

    若杉から運動公園を通って社西小学校。この学校の校庭は広いです。次に県消防学校跡地。ここにはクライミングセンターとアーチェリーセンターが出来ました。そして鯖江市にある近松門左衛門の里。高く見える山は日野山です。橋を渡って近松門左衛門記念庭園へ。作家水上勉氏書。ここも休館日だったので又行って見ます。鯖江にも私が知らなかっただけで沢山良い所がありそうです。近松門左衛門の故郷鯖江市。

    東山いこいの森の仙人 東山いこいの森の仙人
  • この冬「最深3cm霜柱」と「春待つ蕾」たち。

    幸いただ今のところ降雪の無い当地、それでも寒い、大寒をまじかに控えての気温はこんなものでしょうか。庭の地面は「物凄い霜柱」。深さ3cm、長靴で踏みつけど「ぐさり」と沈み込む。花壇もしかり、余り深く植えこまなかった「チュウリップやグラジオラス等」春咲き球根も縮上がっているのでしょう。一方、例年は根雪の中で気が付かなかったかもしれない「花卉類は新芽を出しはじめただけでなく、花の蕾を膨らませ」ているのにびっくれり、「春待つ蕾たちでしょう」。鉢上紅梅もつぼみ膨らむバケツの厚い氷と隣家の物置小屋は雪のような霜。この冬「最深3cm霜柱」と「春待つ蕾」たち。

    tarpin tarpin翁のスローライフ
  • 越前陶芸村

    今日は越前陶芸村へ。展示品販売もしています。バンドコ。越前焼の器を使った料理。とても印象的でした。陶芸村資料館などの施設のある敷地は広く歩くのに疲れてしまいましたが静かでとてもいいところでした。雪の無い残り柿、鳥居は絵になません。福井健康の森のテニスコート。帰りに健康の森温泉へ.先日の丸岡城、民俗資料館、一筆啓上日本一短い手紙の館の入場券は丸岡特産の織りネームで作られていて栞として使えます。越前陶芸村

    東山いこいの森の仙人 東山いこいの森の仙人
  • 滋賀県甲賀市へ「お見舞い」ドライブ。

    この時期にしては珍しく、積雪も無く、妻と車で水口へ。3連休となり、大型バスの団体客も多く、高速道路も混みあっています、ことに、道中の往復路(往路、北陸高速道、復路は一般道、北琵琶湖ざなみ街道等)神社や観光地などの周辺はその人出、未だ新年の「初詣で」等か。私は、母のご機嫌伺いと、弟のお見舞い等所要での外出でしたが、天候も良く、用済みの後は、久々のドライブ。いつもの慣れたコースであり立ち寄りも限定されている。奥琵琶湖の「水鳥スティション」は、琵琶湖の魚貝、そして、琵琶湖に沈む夕日撮影、今日は「こはくちょう」の飛来とかでカメラマンの鈴なり。彦根城・琵琶湖冠雪の伊吹山長浜市お土産はこんなものでした滋賀県甲賀市へ「お見舞い」ドライブ。

    tarpin tarpin翁のスローライフ

続きを見る

新着ブログサイト

?

続きを見る

記事画像

?

続きを見る

「地域生活(街) 中部ブログ」 カテゴリー一覧