総合人気ランキング(INポイント順)

?

注目記事

?
  • 1位

    滋賀県甲賀市へ「お見舞い」ドライブ。

    この時期にしては珍しく、積雪も無く、妻と車で水口へ。3連休となり、大型バスの団体客も多く、高速道路も混みあっています、ことに、道中の往復路(往路、北陸高速道、復路は一般道、北琵琶湖ざなみ街道等)神社や観光地などの周辺はその人出、未だ新年の「初詣で」等か。私は、母のご機嫌伺いと、弟のお見舞い等所要での外出でしたが、天候も良く、用済みの後は、久々のドライブ。いつもの慣れたコースであり立ち寄りも限定されている。奥琵琶湖の「水鳥スティション」は、琵琶湖の魚貝、そして、琵琶湖に沈む夕日撮影、今日は「こはくちょう」の飛来とかでカメラマンの鈴なり。彦根城・琵琶湖冠雪の伊吹山長浜市お土産はこんなものでした滋賀県甲賀市へ「お見舞い」ドライブ。

    tarpin

    tarpin翁のスローライフ

  • 2位

    「弁当忘れても、傘忘れるな!」今も通じますか。

    突然変わる北陸地方独特の天候を言い得たもの、まさに今朝がそれです、ただ今、快晴で太陽が顔出しています・・・・が、数分で曇天・・ちらちら降雪。大きな根雪にならないのはありがたいですが、昨日・今日も降雪予報。庭では根雪5cm位ですから、昨日の降雪は何だったのか、の思い。昨日は、妻殿のアッシィで福井市内の病院まで、出発時の沢山の降雪はいかほど積もるか案じていました、そして福井市内では雨から曇天に。所用時間が早く済み、1か所のショッピングを済ませ帰宅の途に。降雨も無い福井市内から中部循環道(高速塘路)永平寺町まで来ると怪しい空模様、高速から見る上志比町では薄い雪化粧、勝山市内に入ると真っ白・・・。道路面の雪は解けたのでしょう、殆ど積雪なし。自宅玄関では・・。花壇は今朝と変わりなく変わる天候の速さに変わりはありませんが「...「弁当忘れても、傘忘れるな!」今も通じますか。

    tarpin

    tarpin翁のスローライフ

  • 3位

    勝山は大きな山々に囲まれた盆地?「近隣山々」。

    「白山遠望」は、よくご報告していますが、ここまではかなりの距離が有り、勝山からは「遠望」。市街を取り巻く山々はみんな近い。ここの処、雪は降りませんが、山々は「当然、雪化粧」です。当地を取り巻く山々の様子の報告です。大野市の百名山「荒島岳(1523m」は、勝山橋からくっきり。真っ白な「法恩寺岳(1356m)」その中腹(1300m)には「スキージャム勝山」石川県境、「大日岳(1319m)」「越前甲」ともそして霊峰「白山御前峰(2702m)500mから800m級も山々も。ちなみに勝山市(市役所)は、「海抜129.4m」。我が家もこの標高で生活しています。勝山は大きな山々に囲まれた盆地?「近隣山々」。

    tarpin

    tarpin翁のスローライフ

  • 4位

    小次郎公園、漆の里会館。

    朝一番は梅田整形でリハビリ。昨日休館日だった立待公民館の隣、近松門左衛門記念庭園の横の建物も集会場の様な所ででした。佐々木小次郎生誕の地にある小次郎公園へ行くつもりが道を間違えて漆の里会館へ先に着いて終いました。漆塗りの自転車。小次郎公園は昭和63年秋に銅像が出来ていて、ポツンと野に置いてある状態でした。平成元年庭師土井渓山氏のところで働いていた時公園を造る前の測量の手伝いをしていたこともあり、それから行った事がなかったので気になっていたのですが、昨年土井師匠も亡くなられて終まったので見に行って来ました。大きな石積みがなされ、滝の流れもあり、敷地も広く凄く立派なものになっていました。佐々木小次郎は高善寺で生まれたといわれています。ツバメ返しの一乗滝とは昔の道を辿ればわりと近い距離にあります。カーナビで小次郎の里...小次郎公園、漆の里会館。

    東山いこいの森の仙人

    東山いこいの森の仙人

  • 5位

    福井フェニックスプラザでの成人式。山中温泉越え、小松、戻って小舟渡からの白山。

    フェニックスブラザ駐車場屋上から白山、別山。成人式に集まる人たちを撮ろうと福井フェニックスプラザ駐車場屋上に車を停めて中へ入って見ると、福井市の腕章を付けた職員と警察の人たちでいっぱい、カラーコーンて迷路、未だ始まるまでに2時間あるのにこの体制では写真にならないので屋上に戻ってチラホラ集まり出した新成人の晴れ着姿を撮る。30分も駐車していなかったので料金は無料。天気も良いので、松岡の妹の所へ行ってサバの熟れ寿しをもらって小松の従弟の所へ出かける事にしました。竹人形の里から、山竹田、峠を越えて山中温泉、粟津温泉を通って小松市今江へ。従弟は風邪気味で山には登らず家にいたので、サバを渡して帰途に。今江から柴山潟越しに白山連峰が見えていたのが柴山潟の手前に新幹線の高架が出来てしまったので白山がうまく撮れなくなってしまい...福井フェニックスプラザでの成人式。山中温泉越え、小松、戻って小舟渡からの白山。

    東山いこいの森の仙人

    東山いこいの森の仙人

続きを見る

新着記事

?
  • やっと揃いました干支置物「ペア猪」。

    昨年暮れに注文したのに、ようやく昨日到着「干支置物」、どうしていたのでしょう。注文受けを失念?それとも注文受けてから作成?、仕入遅れ?いずれにせよ、普通の注文にしては変。頂き物の「猪土鈴」とともにようやく揃いました。毎年、同じ位置での玄関の間、ウエルカム、無いと「何か忘れ物しているよう」での購入でした。やっと揃いました干支置物「ペア猪」。

    tarpin tarpin翁のスローライフ
  • 越前水仙は時期過ぎ。

    今日も朝一、梅田整形でリハビリ。梨子ケ平水仙畑から呼鳥門を見下ろす。急勾配の斜面にびっしり越前水仙。荒れる日本海は波の華が舞っていました。道は狭く急勾配なので四駆のホーレスターでは切り替えしををしながらガードレールに擦らないか冷や汗をかきながら海岸へと降りて行きました。こんなところにお地蔵さんが。左右集落に出て、呼鳥門の横のトンネルをくぐる。呼鳥門。以前は岩の門の中を車が通っていたのですが今は新しいトンネルを通ります。居倉にある水仙ミュウジアム。見学。70才以上は入場無料。俵万智さん。久里洋二。武者小路実篤。水仙直売場。人はいないが、電話をしてくれと書いてあったので掛けてみると。水仙の時期は過ぎてしまい販売はしていないとの事でした。明日、妻の3回忌の法要に妻が好きだった水仙を飾りたかったのでそれを求めに行ったの...越前水仙は時期過ぎ。

    東山いこいの森の仙人 東山いこいの森の仙人
  • 「弁当忘れても、傘忘れるな!」今も通じますか。

    突然変わる北陸地方独特の天候を言い得たもの、まさに今朝がそれです、ただ今、快晴で太陽が顔出しています・・・・が、数分で曇天・・ちらちら降雪。大きな根雪にならないのはありがたいですが、昨日・今日も降雪予報。庭では根雪5cm位ですから、昨日の降雪は何だったのか、の思い。昨日は、妻殿のアッシィで福井市内の病院まで、出発時の沢山の降雪はいかほど積もるか案じていました、そして福井市内では雨から曇天に。所用時間が早く済み、1か所のショッピングを済ませ帰宅の途に。降雨も無い福井市内から中部循環道(高速塘路)永平寺町まで来ると怪しい空模様、高速から見る上志比町では薄い雪化粧、勝山市内に入ると真っ白・・・。道路面の雪は解けたのでしょう、殆ど積雪なし。自宅玄関では・・。花壇は今朝と変わりなく変わる天候の速さに変わりはありませんが「...「弁当忘れても、傘忘れるな!」今も通じますか。

    tarpin tarpin翁のスローライフ
  • 丸岡称念寺、一筆啓上茶屋。

    丸岡称念寺、721年、泰澄大師創建。白山信仰の寺々の一つ。鎌倉時代に時宗となったそうです。本堂。この門の奥には新田義貞公が祀られています。普段は門から中には入れない様です。菩提樹。「月さびよ明智が妻の咄せむ」芭蕉が門弟の伊勢の山田又玄を励ます為に送った句。明智光秀は主君を裏切った「三日天下」の武将と封建時代にその評価が作られてしまいましたが、しかし称念寺門前ては明智の寺子屋や夫婦愛の黒髪伝説が伝えられ優しい気持ちを持った武将てあったと今に伝えられています。芭蕉は軍記物語を愛しとりわけ敗れた悲運の武将に心を寄せたと言われています。2020の大河ドラマ「明智光秀」が楽しみです。寺の直ぐ横、北陸新幹線の工事中。次に、一筆啓上茶屋へ。先日丸岡城入場券が栞になっていて織りネームや織りテープなど細幅織物の産地で全国の7割を...丸岡称念寺、一筆啓上茶屋。

    東山いこいの森の仙人 東山いこいの森の仙人
  • いよいよ降るぞ、「ホワイトザウルス像」。

    珍しく「根雪」の見られない当地、今朝から「降雪予報」ですが、予報通り午前7時ごろから白くなり始めました、如何程降るのでしょう、降っても不思議でない時節。昨日まだ雪を見ない、恐竜博物館直前ウエルカム「ホワイトザウルス像」。いよいよ雪化粧になるのでしょう。雪の無い像より雪が似合う像でもあります。薄くらいと少し怖い顔いよいよ降るぞ、「ホワイトザウルス像」。

    tarpin tarpin翁のスローライフ

続きを見る

新着ブログサイト

?

続きを見る

記事画像

?

続きを見る

「地域生活(街) 中部ブログ」 カテゴリー一覧