南砺情報 新着記事

?
  • センターまであと2日

    世間で、センター、センターと騒ぐ意味がやっとわかった気がする。大学入試では避けて通れず、点数が取れないとほぼほぼ❌。大学、学部によっても違うが、900点満点。県内の普通科ならば、卒業試験としているところが多いようだ。今日教育に携わる人と話をしていたのだが、県内の屈指の進学校でのいい思い出がないと。東大を目指すような優秀な人材ばかりを大切にし、出来の悪い生徒はほったらかしで、高校は辛い場所だったらしい。そんなに優秀な人が偉いのか?なんて、思ってしまう。学校の勉強ができるのと仕事ができるのは違う。コミュニケーションが取れないような頭でっかちははじかれるだろう。ある程度の学力と当たり前のことができる…

    ゆっち

    ゆっち’s blog

  • 低学年が元気

    今、太郎丸教室には低学年が多い。もちろん幼児もいるのだが、1、2年生が多い。無学年方式だから、みんなやっているところは違う。幼児のプリントで復習している生徒もいるし、学校の予習をしている生徒もいる。まずは名前を丁寧に書くこと。なぞること。文字、数字を丁寧に書くこと。厳しくみている。たまに消すのに大変な子もいる。今日も何度も直してもくじけない。そんな気持ちを持ってもらいたい。少し間違えただけで、落ち込んだり泣いたり、そんな生徒もいる。長い人生、そんなことぐらいで落ち込まない強い人作り。学研教室は人作り、だと思っている。多くの人と関わればその分勉強になる、と私は思っている。低学年でつまずかないよう…

    ゆっち

    ゆっち’s blog

  • 面談のお申し込みありがとうございます

    急に面談が入った。いつもお子さんのことを一生懸命考えておられる方。本当はゆっくりお話を聞きたかったのだが、夜遅くに来ていただいたので、不完全燃焼だったかもしれない。国語の力をつけるには読書をする。それは分かっているのだが、どうしたら本を読んでくれるのかが課題。今の子供達はすぐにゲーム。私の友人で本好きがいる。子供達もよく本を読むらしい。もちろん国語の点数はみんないい。すごいのは家でテレビをみない。だから今流行っているお笑い、ドラマを知らない。 1番私がびっくりしたのは、友人が、プール監視ボランティアに来た時も、暇があれば本を読んでいたこと。そんなところでも読書?少し引いた。読書にはまるとそうな…

    ゆっち

    ゆっち’s blog

「地域生活(街) 中部ブログ」 カテゴリー一覧